リピーターの多いつかってみんしゃいよか石鹸

 

「つかってみんしゃいよか石鹸」というネーミングはとてもインパクトのあるものです。
というのも、微塵に隠そうとしない方言が多くの人々にインパクトを与えたと思います。
これは九州地方の方言で、「使ってごらん、良い石鹸」という意味なのです。
このネーミングはインパクトだけでなくその石鹸の効果も良いものなのです。
では、なぜ九州地方の方言を使っているかといえば、原材料が鹿児島の桜島で取れるからです。
桜島で取れるもので原材料と思い浮かべると黒豚や桜島大根といった食品があるかもしれませんが、動物性でも植物性の原料ではありません。
桜島の火山シラスを原料に使っているのです。
この火山シラスというのは粒子が細かいことで知られています。
さらに赤外線とマイナスイオンを帯びているのです。
そのような桜島の火山シラスは美容効果にあると注目してできたのがつかってみんしゃいよか石鹸なのです。
なぜ美容効果があるのかといえば、従来の石鹸の泡では毛穴の奥にまで届くことが出来ませんでした。
そのため、いくら洗顔をしても肌の表面を綺麗にするだけに留まっていたのです。
でも、つかってみんしゃいよか石鹸は粒子の細かい火山シラスを使用しているのです。
そのミクロシラスパウダーによってクリーミーできめ細かい泡にすることが実現することができて、毛穴の奥まで入っていくことができるのです。
さらに、もう一つの効果であるマイナスイオンが汚れを吸着して毛穴の外へと取り出してくれるのです。
そのため、毛穴の奥まで綺麗にすることが可能となったのです。
だから毛穴の黒ずみで困っていた人には一番オススメしたい商品です。
また、つかってみんしゃいよか石鹸は生まれ変わって優しさも泡立ちもさらにアップしたのです。
綺麗に洗顔できるだけではなく、そのつかってみんしゃいよか石鹸の優しい泡は洗うだけでとても気持ちいいとツイッターで拝見したことも幾度がありました。
そのため、つかってみんしゃいよか石鹸を一度使ってみたらやみ付きになって、他の石鹸を使えなくなった人が続出したとして多くのリピーターを出したそうなのです。
もしも、まだ使っていない人はぜひ一度使ってみてほしいと思います。
「つかってみんしゃいよか石鹸」というネーミングがインパクトを狙っただけのものではないことを実感してリピーターとなることでしょう。
そして、思わず「使ってごらん、良い石鹸」と利用していない人の薦めたくなってくると思います。